現状復帰費用を業者に査定してもらおう|注意点を解説

作業員

部屋を綺麗な状態へ戻そう

空室

賃貸物件において、入居者が退去した場合、貸手においては原状回復工事を行うことが通常となっている。原状回復工事は、入居者からの敷金などを活用して現状回復させるための工事が行われることが通常である。この際、日常生活における劣化については入居者負担による原状回復を行う必要が無いとされているため、入居者が改変を行っている場合にはもとに戻す工事を行うことになる。原状回復工事を行うことには、貸手にとってのメリットがある。貸手は、入居者が退去した後次の入居者を探すことになる。その際、部屋の状態が悪いと入居してくれない可能性が有る。これに対し、原状回復工事を行い良い状態としておくことで、次の入居者を直ぐに探せる可能性が有る。賃貸物件では、部屋の状態により入居を決めるケースも多くなっているため、入居希望者が見に来た時点で良い状態になっていることが必要になる。原状回復工事では、クロスの張り替えやフローリングの張り替えなどを行うケースが多くなっている。これらの費用については、部屋の大きさに大きく左右される。クロスの張り替えなどでは数万円から数十万円程度必要になることもあり、費用負担が大きいものでもある。しかし、部屋の状態が悪く次の入居者が決まらない場合には、その部屋から家賃収入を得られなくなる。これに比べた場合、原状回復工事に費用が多くかかる場合でも、次の入居者を得られるメリットの方が大きくなるため実施をすることが最適である。