現状復帰費用を業者に査定してもらおう|注意点を解説

作業員

原状回復の指定業者変更

リフォーム工事

適正さを重視して費用削減

原状回復工事は主にテナントで行われますが、工事にかかる費用の負担者が借りている側であることから工事を依頼する業者は出来るだけ安い費用になるところが良いと考える方が多いとされます。しかし、ほとんどのテナント契約では指定業者が定められています。基本的には、賃貸契約を行う時に定められていることが多く、そのことを含めて契約をしたとみなされるのです。原状回復工事を行う時に指定業者ではない業者に依頼することは困難なようです。指定業者が決まっている場合は業者変更ではなく、原状回復について業者と情報交換をしっかりと行うことが大事とされます。指定業者の拒絶や無理な変更はトラブルを招くことも考えられるため、原状回復工事では行う内容と範囲を忘れずに確認しましょう。原状回復の範囲や行う内容によって費用が変動するので、不必要な内容がないかなどをちゃんとチェックすると費用削減に繋がります。また、内容や費用の金額について信用性のある業者または不動産関連の方や法律のプロに相談してみるのも良いでしょう。また、まれにですが、指定業者以外の業者の利用も認められている事があります。そのような場合は、いくつかの業者に原状回復が必要になる部分の診断をしてもらいましょう。そして、見積もりを出してもらい、比較をするべきです。そうすることで、費用を抑えることができ、幾らかの敷金が戻ってきたり、大きな出費をせずに原状回復工事をすることが可能になります。