現状復帰費用を業者に査定してもらおう|注意点を解説

作業者

賃貸借契約終了の方

空き部屋

査定前の部屋の清掃も大事

賃貸借契約が終了する方、現状復帰する必要があります。平成10年3月に当時の建設省によって、現状復帰のガイドラインが制定されました。過去の裁判の判例を踏まえて、費用負担等のルールが記載されています。平成16年2月に、現状に則してガイドラインが改定されています。さらに、平成23年8月に、ガイドラインの一層の具体化を行い、細かなルールや手順について記載されるようになってきています。現状復帰は、義務です。ガイドラインにも現状復帰義務条項として記載されています。現状復帰義務とは、賃貸借終了後には、賃貸人は物件を現状に回復して明け渡す必要があるというものです。現状復帰としては、経年劣化によるものは除き、賃貸人の故意や過失によるものについて回復させる必要があるというものです。具体的に言うと、経年劣化による扉の取り付けが悪くなったものは回復させる必要はないが、タバコによるクロスの汚れについては現状回復させる必要があるというものです。現状復帰の料金は、部屋の状態によって様々ですが、タバコも吸わず、綺麗に使っていれば、10万円程ですみます。この現状復帰費用、少しでも安くする方法があります。それは、査定の前に部屋の掃除をするというものです。査定項目の中にも清掃の必要、不必要の項目があります。査定前に、窓を綺麗に掃除したり、窓のサッシの汚れをとったり、シンクの錆をとったりと掃除しておくだけで、現状復帰費用が、10%安くなることもあるのでお勧めです。

イチオシサイト

  • 原状回復第三者なび

    難しい配線のことは全て現状復帰のスタッフに託してみませんか?見積もりもすぐに算出してくれるので、安心できますよ。

原状回復の指定業者変更

リフォーム工事

原状回復工事については賃貸契約時に指定業者が決まっていることが多いとされますが、指定業者は費用が高めになることがあるそうです。変更できないルールはありませんが業者変更はなかなか難しいため、工事内容や範囲をチェックして不動産や法律に詳しい方に正当性を確かめてもらうと費用が妥当になります。

2つの言葉の違い

作業員

賃貸借の契約書の中には「退去時には原状回復して家主に返す」という文言が入っていることが多いです。この原状回復を、現状回復と書くのは間違いです。原状回復は歴史的にも原っぱに戻すという意味で使われ出した言葉です。「原状」は「初めにあった状態」として辞書にも掲載されています。

部屋を綺麗な状態へ戻そう

空室

賃貸物件において、入居者が退去した場合に部屋を元の状態に戻すことが原状回復工事である。原状回復工事は貸手が行うことになるが、原状回復工事を行い綺麗な状態とすることで、次の入居者が決まりやすいメリットがある。